top of page

【桜がないのに桜通り⁉】

更新日:2022年9月15日

弊社の事務所前の日光街道は通称桜通りと呼ばれております。

範囲は滝谷町交差点から日光街道と清住町通りの交差点までになるようです。

その昔、第二次大戦前は、ここ桜通りは軍道とも呼ばれていました。

明治41年に第14師団が移駐し、その施設を結ぶために軍道が開通するとその道路の

一部に桜が植樹され、春4月には桜が満開に咲き誇り軍道の桜として桜の名所となったようです。ただ残念なことに、昭和38年アメリカシロヒトリによる倒木の恐れや自動車交通の障害になる理由で伐採されてしまったそうです。

桜は現在無いですが道路の両脇に千本余の桜がどれほど鮮やかに咲いていたかその当時を想像するだけでもワクワクしてしまいますね!

大正中期には飲食店や露店、サーカス、猿芝居、オートバイの曲芸などの見世物小屋もあったそうです!

自分の住んでいる地域や通りの由来等を調べてみるのも、とても感慨深いです!

桜がないのに桜通り

その名の由来の謎がようやく解けました!


これは素晴らしい桜並木ですね。

写真下の方にくっきりした線が大谷街道(大通り)で、弊社事務所あたりも何となくわかりますね!

桜並木伐採中の写真です。

只今弊社事務所の昔の写真をご近所の方に探していただいております。

写真があればまたつぶやきたいと思います!


Kommentare


bottom of page