【こんなはずじゃ!いちいちご苦労さん】

更新日:11月4日

先日、山梨県に仕事で行った際に、静岡県静岡市の久能山東照宮を参拝しに行きました!

私自身2度目の久能山東照宮だったのですが、記憶にあったのは、家康公の死去後の遺命によって遺骸が葬られた場所であること、ロープウェイに乗ったこと、煌びやかな建物があったこと、紅葉がきれいだったこと、汗はかいていないことぐらいでした。久しぶりの参拝でウキウキしていたのもつかの間、石段(1159段)を上っている最中に、あれ!こんなにつらい道だったかなと、確か途中でロープウェイがあるから大丈夫だ、こんなに疲れた思い出もなっかたので自分の体力がなくなったのだと感じておりました。

しかし見事に駐車場所を間違えて、いや間違えてという表現は不適切ですが、以前参拝した際は日本平方面からのルートで、今回は南側の石段からの参拝になったのです。半袖を着ていた私ですが今の季節にも拘わらず土砂汗かいてました!階段を上っているときに何度もこんなはずじゃなっかった、自分は!と体力の衰えを否定しつつ、いつかきっとロープウェイがある!と期待しつつ疲労困憊の中、頂上に到着してしまったのです。

よくよく考えれば駐車場所を間違えたお陰で本当の参拝ができたような気がします!

過去の記憶との相違には今後十分注意ですね(笑)

今の季節、紅葉もきれいですし、海の景色も疲れが飛びます!

いちいちご苦労さん(1159段)と皆様も行かれる際には南側からの石段で行かれるのもよろしいのではないでしょうか(笑)




家康公の手は大きかったですね。幅が広く百握りの手相もくっきり出てますね!